さいたま市相続手続センター

自筆証書遺言

自筆証書遺言が無効にならない方法【R2.7/10~法務局の保管制度を解説】

令和2年7月10日から「自筆証書遺言が無効とならなくなる?」 令和2年7月10日から法務局による「自筆証書遺言保管制度」がスタートしました。 この制度は、自筆証書遺言に関する「紛失」、「相続人による廃棄・隠匿・改ざん」などによる相続...
死後事務委任

人が病院で亡くなった後に取る手続きの流れ【まずは葬儀社へ連絡!】

人が病院で亡くなった後にご家族が取っておきたい手続きをご紹介します 病院・自宅に関わらず正式な死亡時間は医師の診断が必要です。人が亡くなったことを正式に判断するのは医師のみです。呼吸が止まり、心臓が動かなくなっても医師の診断が無ければ正式...
相続

相続と福祉サービスには密接した関係性あり【将来を見越した手続を!】

相続手続きと福祉サービスは関係性が高い 多くの場合、相続手続きに福祉サービスが関係してきます。 それは、相続には高齢者問題や障害者問題が関係してくることが多いからです。 被相続人は亡くなられた方のことですが、そ...
相続

遺言は書きたくないけど家族に迷惑をかけたくない場合にやっておくこと

死後の事務はとっても大変! 自分の死後のために遺言を書き残しておくことは非常に重要です。それは自分のためにはもちろんのこと、「家族のため」に重要なのです。 残された家族が困る事、それは「死後の事務」です。もちろん誰もが亡くな...
死後事務委任

格安死後事務委任契約【定期的な費用無料!安心して長生きできる!】

低額の死後事務委任契約が結べます 現在、死後事務を執り行っている企業は数多くあります。しかし、そのサービスにかかる価格は様々となっており、非常に高額なことが一般的です。 私の主観では「死後事務委任契約はお金のある者しかできな...
相続

相続税の障害者控除を受けるために財産を分ける場合は現金が良い?

知的障害や精神障害をお持ちの方が含まれる相続を行う場合、財産をうまく管理できない方である場合はその方の相続分を0にするということも考えられると思います。 その手法を取る場合、相続財産が基礎控除の範囲に収まる場合であれば、特に注...
相続

知的障害者等の相続分を0にする方法【本人を適切に保護するために】

※この記事は、知的障害者や精神障害者本人の保護を図るためのものです。 意思能力や判断能力の無い者が遺産分割協議に加わると無効となる まず前提として、意思能力や判断能力の無い者が加わった遺産分割協議は無効となります。 そのた...
相続

成年後見人をつけない相続は可能!【知的障害者や精神障害者でも諦めない】

成年後見制度を利用しないで相続を行うことは可能か 相続人の中に、知的障害や精神障害をお持ちの方がいる場合、一般的には成年後見人をつけることが必要と言われています。 しかし、この「一般的に」という説明ですが、必ずしも正しいとは...
死後事務委任

死後事務委任契約とは【自分が亡くなった後も円滑に手続きが行われます】

死後事務委任契約という言葉をお聞きしたことはあるでしょうか。 最近よくこの言葉を聞くといった方も多いとは思いますが、それではこの死後事務委任契約とはどんなものか。 ほぼ文字の通りの意味なのですが、まず自分が亡くな...
自筆証書遺言

エンディングノートの新しい活用方法!【最も低コストで遺言を作成する方法は?】

現在、エンディングノートは自分自身が終末期を迎えるにあたって、身の回りの整理や確認をすることに用いられています。 エンディングノートは多種多様な物が出回っており、NPO法人や自治体などでも発行しています。 NPO...
当事務所では、出来る限りご依頼者様の負担がないようお手続きをさせていただきます。煩雑な手続きで苦労しないよう、相続手続の代行をご依頼ください。
お手続きの流れはこちらをクリックしてください
煩雑な手続きで苦労しないよう、相続手続の代行をご依頼ください!
当事務所お手続きの流れはこちら