Q.遺言にはどんな種類があるの?どの遺言を書けばよいか?

遺言にはどんな種類があるの?どの遺言を書けばよいか?

遺言には大きく分けて2つの種類があります。「普通方式遺言」と「特別方式遺言」です。一般の方は普通方式遺言を覚えておけば構いません。特別方式遺言には、危急時遺言と隔絶地遺言がり、どちらもかなり特殊な場面でしか使用しません。

 

普通方式遺言には、自筆証書遺言及び公正証書遺言、秘密証書遺言がありますが、この中でも2つ、自筆証書遺言及び公正証書遺言さえ覚えておけば特に困ることはないでしょう。秘密証書遺言は遺言の内容を公証人や証人にも知られたくない時に使うもので、通常は多用されることはありません。

 

自筆証書遺言

自筆証書遺言とは、日付も含めた全文を自書し(財産目録は印刷文字でも可能となりました)、押印をする必要がありますが、その要件さえ満たせば正式に遺言として効力を生じます。封をすることは要件ではありませんが、内容を他人に知られてしまうことがあるので封をするのが一般的です。また、封をしてある場合、発見したものが勝手に開封してはいけません。家庭裁判所へ持ち込み「検認」という手続きを要します。費用も手間もかからずに作成できますが、無効となることも多いため、作成する際には十分な知識が必要となります。

【詳細記事】

自筆証書遺言が簡単に作れるようになる!【民法改正で相続の準備がしやすくなりました】

 

公正証書遺言

公証人という専門家により作成してもらう遺言です。もちろん遺言の概要は遺言者が作成しますが、公証人が作成することではじめて公正証書遺言として効力を生じます。一番のメリットとしては「無効となる可能性が極めて低い」こと。公正証書遺言の専門機関である公証人が作成するので、安心して任せることができます。また、作成した公正証書遺言は公証役場で保管してくれるため、紛失や棄損のおそれもありません。半面、公証役場で保管されるため、遺族が発見しづらいというデメリットがあります。さらに一番のデメリットは費用がかかること。作成費用に加え、証人2名も必要なので、内容を自分で作成したとしても5万円程度は見ておいたほうが良いでしょう。

【詳細記事】

公正証書遺言作成手続きの流れ【簡単手順でしっかりとした遺言を残そう!】

タイトルとURLをコピーしました