Q.遺産はどのような割合で分けられるか?配分を変更できるか?

遺産はどのような割合で分けられるのか?配分を変更できるか?

誰かが亡くなった後、その方の財産を継承する方法としては「相続」と「遺贈」があります。法律上で定められた親族に承継する方法が相続、亡くなった方が希望する方に財産を承継する方法を遺贈といいます。その他、亡くなる前に財産を承継する方法は「生前贈与」と言ったりもします。

 

相続の割合

相続の割合は法により定められていますが、遺言により割合を変更することができます。また、特定の者だけに相続させることもできます。その際は「遺留分」というものに注意が必要です。

 

法定の相続割合について

亡くなった方に子と配偶者がいた場合は、それぞれ二分の一ずつです。子が複数人いる場合は二分の一をさらに等分します。子がおらず配偶者と直系尊属(親や祖父母)のみの場合は三分の二と三分の一ずつ。直系尊属がすでに亡くなっており、配偶者と亡くなった方の兄弟姉妹のみの場合は四分の三と四分の一ずつとなります。

 

遺贈と遺留分

亡くなった方が、遺言で相続分の割合を指定していなかった場合は、上記の法定相続分での相続割合となりますが、遺言で全くの第三者に財産を遺贈することもできます。その際に問題になるのが「遺留分」です。子と配偶者、直系尊属は法定相続分の二分の一を遺贈を受けた者に対して請求できますが、兄弟姉妹には遺留分が認められていません。また、遺留分は請求して初めて効果を発揮しますので、請求しなければ遺贈はそのまま有効となります。亡くなられた方の死亡を知った日から1年以内に請求しなければ請求権は消滅します。

タイトルとURLをコピーしました