Q.成年後見とは何か?どのような時に使えば良いのか?

成年後見とは?どのような時に使えば良いのか?

成年後見制度とは、認知症やその他の疾患等により判断能力が無くなってしまった人に対して、後見人という財産および身上監護を代わりにする人をつけてとどこおりなく生活を送れるようにする制度です。

 

成年後見人が行うことは?

成年後見人は、後見される人(認知症等の方)が福祉サービスを契約したり、入院についての契約を行ったりすることができます。また、後見される人の預貯金や不動産の管理も行います。「身上監護」は行えますが、「看護」は行わないため、日常の介護をしてくれるわけではありません。

 

成年後見を利用するための手続きは?

成年後見制度を利用したい場合は、家庭裁判所で手続きを行わなければなりません。家庭裁判所が様々な情報を考慮し、本人に大して最良の後見人をつけるよう検討します。家族などが後見人になる場合は「後見監督人」という人を選定し、後見人がしっかり業務を行っているかを監督させることもあります。

 

いつから後見は開始されるの?

本人が「判断能力が無くなった時」に家庭裁判所が後見開始の審判というものを行い、後見を開始させます。また、法定後見ではあらかじめ後見人を選ぶことはできませんが、「任意後見」という、あらかじめ将来後見人になってくれる人と契約を結んでおくという制度もあります。

タイトルとURLをコピーしました