Q.死後事務とは何か?どんな種類のものがあるのか?

死後事務とは何か?どんな種類のものがあるのか?

死後事務というのは、文字通り誰かが亡くなった後の事務手続きのことです。まず思いつくのが「お葬式」だと思いますが、その他にも大変多くの手続きがあります。死後事務を行うのは、基本的には親族ですが、親族がいない場合や疎遠である場合などにはあらかじめ第三者に依頼することもできます(死後事務委任契約)。死後事務には個人差がありますが、一般的な死後事務を以下に例示していきます。

 

法的手続き

死亡届の提出及び火葬許可の申請

埋葬

遺言の捜索

遺品の整理

相続(不動産の名義変更)

相続(財産の分与)

 

事務的手続き

電話の解約・名義変更

光熱水関係の解約・名義変更

保険・年金等の手続

葬儀

 

さいたま市相続手続センター死後事務委任料金一覧

事務名料金(円)※税抜内容備考
遺体引受~葬儀まで110,000~火葬式(直葬)オプション対応可能
病院・葬儀事務60,000入院費用清算、遺体搬送、葬儀立会い
相続関係費前払い175,000~相続人調査、財産調査、財産目録作成、銀行等名義変更(相続人がいないことが判明した場合相続人不存在時の事務へ移行します)別途相続人からの依頼が必要です
永代供養35,000~埼玉県内寺院への永代供養手続き
散骨50,000~東京湾への散骨粉骨作業、交通費、船舶チャーター費、船舶燃料費含む
行政事務5,000~市町村等手続き1件につき
生活上の手続き5,000~水道光熱費等手続き1件につき
自宅の片付け110,000~家財等の処分家の広さ、量による
自宅の清掃、引渡し60,000~自宅の清掃および賃貸物件は管理会社への引渡し家の広さ、量による
予備費50,000~追加支出分の予備としてお預かりします残額は相続人等へ返還いたします
契約事務費(私文書)10,000~契約書作成必要書類の取得は別途料金が必要です
契約事務費(公正証書)60,000公正証書作成公証人への支払い手数料別途
墓じまい見積もり必要今あるお墓を整理しますお寺等への事前相談が必要です

 

亡くなられた後のチェック表が下記より無料ダウンロードできます。

【詳細記事】

死後事務委任契約とは【自分が亡くなった後も円滑に手続きが行われます】

当事務所では、出来る限りご依頼者様の負担がないようお手続きをさせていただきます。煩雑な手続きで苦労しないよう、相続手続の代行をご依頼ください。
お手続きの流れはこちらをクリックしてください
煩雑な手続きで苦労しないよう、相続手続の代行をご依頼ください!
当事務所お手続きの流れはこちら
タイトルとURLをコピーしました