Q.死後事務とは何か?どんな種類のものがあるのか?

死後事務とは何か?どんな種類のものがあるのか?

死後事務というのは、文字通り誰かが亡くなった後の事務手続きのことです。まず思いつくのが「お葬式」だと思いますが、その他にも大変多くの手続きがあります。死後事務を行うのは、基本的には親族ですが、親族がいない場合や疎遠である場合などにはあらかじめ第三者に依頼することもできます(死後事務委任契約)。死後事務には個人差がありますが、一般的な死後事務を以下に例示していきます。

 

法的手続き

死亡届の提出及び火葬許可の申請

埋葬

遺言の捜索

遺品の整理

相続(不動産の名義変更)

相続(財産の分与)

 

事務的手続き

電話の解約・名義変更

光熱水関係の解約・名義変更

保険・年金等の手続

葬儀

 

亡くなられた後のチェック表が下記より無料ダウンロードできます。

【詳細記事】

死後事務委任契約とは【自分が亡くなった後も円滑に手続きが行われます】

タイトルとURLをコピーしました