相続と福祉サービスには密接した関係性あり【将来を見越した手続を!】

看護師と高齢者 相続

相続手続きと福祉サービスは関係性が高い

多くの場合、相続手続きに福祉サービスが関係してきます。

 

それは、相続には高齢者問題や障害者問題が関係してくることが多いからです。

将来の福祉サービスを考える高齢者

被相続人は亡くなられた方のことですが、その財産を承継する相続人達の多くは福祉サービスの利用を考える必要があるのです。

 

例えば、75歳の夫と70歳の妻、その子として40歳の息子と35歳の娘がいたとしましょう。

 

75歳の夫が亡くなった時、子が考えるのは「母親が一人で生活することができるのか」ということ。今は元気でも、子としては将来的なことまで考えるはずです。

 

その場合に検討することは、「母親の居住権を確保しつつ、将来老人ホームなどに居住した場合はその家の処分を容易にすること」などがあるでしょう。

 

家族間で取り交わす遺産分割協議書にはその点を考慮した内容で作成する必要があります。

遺産分割協議書の作成

要介護認定や要支援認定を受けることで高齢者の支出を抑えることもできます。将来見積もっていた介護に関する費用も要介護認定の等級により変化が生じます。

 

福祉についての知識がある専門家を選ぶことが重要!

ということは、相続手続きを依頼する専門家は「福祉サービス」についても専門家である必要がでてきます。

 

福祉サービスの専門家であれば、相続手続きについて、将来を見越したアドバイスをもらえることがあるからです。

福祉の知識や経験を持った専門家の思いやりのある相続手続

将来、どのような状態になったらどのような福祉サービスが必要となるのか、福祉サービスを受けるためには何をしたら良いのか、などは現場経験のあるものにしか分かりません。

 

当事務所では、社会福祉士でもあり介護福祉士でもある福祉現場の経験豊富な行政書士が、ご家族の将来を見据えたアドバイスを行います。

 

一回の相続手続きのみではなく、その後は福祉サービス等についてもご相談に応じます。

 

「相続は一度きりの手続ではない」ということを考慮した上で専門家をお探しになることが、ご家族のご負担を軽減することに繋がりますので、ご高齢の方や障害者の方などが含まれる相続についてはぜひ一度当事務所にご相談ください。

 

当事務所では、出来る限りご依頼者様の負担がないようお手続きをさせていただきます。煩雑な手続きで苦労しないよう、相続手続の代行をご依頼ください。
お手続きの流れはこちらをクリックしてください
煩雑な手続きで苦労しないよう、相続手続の代行をご依頼ください!
当事務所お手続きの流れはこちら
タイトルとURLをコピーしました