成年後見

自筆証書遺言

自筆証書遺言が無効にならない方法【R2.7/10~法務局の保管制度を解説】

令和2年7月10日から「自筆証書遺言が無効とならなくなる?」 令和2年7月10日から法務局による「自筆証書遺言保管制度」がスタートしました。 この制度は、自筆証書遺言に関する「紛失」、「相続人による廃棄・隠匿・改ざん」などによる相続...
相続

知的障害者等の相続分を0にする方法【本人を適切に保護するために】

※この記事は、知的障害者や精神障害者本人の保護を図るためのものです。 意思能力や判断能力の無い者が遺産分割協議に加わると無効となる まず前提として、意思能力や判断能力の無い者が加わった遺産分割協議は無効となります。 そのた...
相続

成年後見人をつけない相続は可能!【知的障害者や精神障害者でも諦めない】

成年後見制度を利用しないで相続を行うことは可能か 相続人の中に、知的障害や精神障害をお持ちの方がいる場合、一般的には成年後見人をつけることが必要と言われています。 しかし、この「一般的に」という説明ですが、必ずしも正しいとは...
当事務所では、出来る限りご依頼者様の負担がないようお手続きをさせていただきます。煩雑な手続きで苦労しないよう、相続手続の代行をご依頼ください。
お手続きの流れはこちらをクリックしてください
煩雑な手続きで苦労しないよう、相続手続の代行をご依頼ください!
当事務所お手続きの流れはこちら